--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/22

読みたい本に出会うのは難しい

気温変動激しいな、おい。
10度変動とか、なんなのそれ。

本が読みたくて、買ってきた小説。盛大にハズしたw
映画ノベライズとか読んでみようと、ちょい前から思ってたのでそれにしたんだけど、
よ~く考えたら、それってストーリーとかより明らかに視覚効果が楽しい映画だった!
チョイスの方向性を明らかに間違えたとしか言えない。
ちなみに『トランスフォーマー』。
何故、買う前に気付かなかったのか・・・自分がワカラナイよ!
一通り読んだけど、英語を日本語訳にした特有の読みづらさと分厚さと内容の帳尻が合わない感じだった(笑)
元がコミック(?)でアニメ化で映画化で小説化・・・って、何次創作ですか!
映画で好きだったジャズ(小説だとマイスター)はやっぱり、あっさり出番終了。思わず舌打ち(マテ)。いや、映画でもあっさりだったから出番増えるの期待してみた。
それでも政府や軍の描写は面白いところもあった。
この辺は映像で見るより文章の方が情報としてわかりやすいんだと思う。
主人公サイドの描写は・・・なんていうの、アメリカンジョークとかって感覚的にわかりにくいみたい。ここたぶん笑うトコなんだろうなーと思っても日本人には笑えない日常的アメリカンジョーク。
あれもジェスチャーとかイントネーションとかの視覚効果に頼ってる部分が強いのかも、なんて思った。
映画で役者がおどけた演技と台詞が両立して初めて面白さが出るのかも。

ところで小説の帯にあったんだけど、トランスフォーマーって三作目出るんだ・・・?
・・・まずはリベンジ、レンタルして観よう。
日記・雑記 | Comments(2)
Comment
No title
トランスフォーマー3作目mjsk!
あのガチャガチャシーン、おもろいですもんねぇv

私も映画小説は読んだことないですが、友人が「エイリアン」が面白いと言ってました。
ちょっと古い上にスプラッタですけども。いわく、
「読むとエイリアンの気持ちがわかるようになる
どうもエイリアン視点の描写があるらしく。
んなもん解るようになってもな笑 と思いつつ古本屋の棚にあると気になるこの頃。

リベンジは、シモンズのおっさんがイカしてましたよ……!
No title
エイリアンvsプレデターでプレデターの気持ちがちょっとわかった気はしますが、エイリアンは・・・分かりたくないです。でも・・・ちょっと興味は沸きます。どうしよう、読んで理解できちゃったら(笑)

シモンズ誰だっけ・・・こういう時は便利な小説です(違)ああ、あのいけ好かないズボン降ろされた人!(酷い認識です)。彼がかっこよいというのは・・・すごく気になりますw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。